リモコンの中に入っている乾電池が液漏れしてしまった!対処法は!?

スポンサーリンク




リモコンは毎日の生活に欠かせませんね。

リモコンに入っている乾電池、最近いつチェックしましたか?

普段から気を付けてチェックすることは難しいですよね。

リモコンが使えなくなった時に電池を交換しようと

電池が入っているふたを開けてから

液漏れしていたことに気が付くケースがとても多いのですよ。

その時の対処法は

  • 液漏れ部分をとり除く。
  • 金属が白く変色している場合は金属を磨く。

です。

では、その詳細について紹介し、

リモコンの乾電池についても紹介していきます。

リモコンの中の乾電池が液漏れ!自分でできる掃除方法は!?

スポンサードリンク

毎日使っているリモコンの乾電池から

液体や粉が出ていたら驚きますよね。

乾電池から白い粉や液体が出ている場合は

乾電池からの液漏れです。

しばらく使っていなかったリモコンから

発見されることが多いのですが、

毎日使っていても液漏れはします。

液漏れを掃除する方法はあるのでしょうか?

軽い液漏れでしたら以下の作業で直すことができます。

  • 液漏れ部分をとり除く。
  • 金属が白く変色している場合は金属を磨く。

手で触れたり目に入ったりしないように

作業用の防水手袋と保護メガネ

防御してから作業してくださいね。

まずは、粉のようなものや液体を

綿棒やティッシュ、歯ブラシ等で掻き出します。

液漏れには液体と粉がありますが、

まず液体が漏れてきて、時間がたつと

漏れた液体が粉になります。

まだ液体だった場合は、

酢酸やお酢をつけた綿棒やティッシュで拭うと

効果的ですよ。

酢酸やお酢で拭いた場合は、水分が残らないように

丁寧にから拭きをしておいて下さいね。

その後、金属部分が変色していたら

細かい紙やすりで丁寧に磨くと元に戻りますよ。

これで完了です!

漏れた液が服などについてしまった場合は、

よく洗ってください。

酢酸やお酢を入れた水で洗うと安心ですね。

液体や粉は皮膚や目につかないよう

十分に注意が必要です。

また洋服や壁、床についた場合は

シミになる可能性もありますよ。

液漏れを掃除する作業は、簡単そうですが

細かい作業になります。

出来そうもないと思った場合は無理に作業をしないで

リモコンを買い換えることをおすすめします。

リモコンの中の乾電池が液漏れ!原因は?どうすれば液漏れしにくい!?

乾電池の液漏れの原因はいくつかあります。

電池の向きを逆にしてしまう。

全部もしくは一部の電池を逆向きに入れてしまうと、

電源が入らないものが多いのですが、

中には普通に動いてしまうものもあります。

必ず電池のふたをする前に向きを確認しましょう。

電池の種類を混ぜて使う

アルカリ電池とマンガン電池を混ぜて使ってしまうと

液漏れをおこしやすくなります。

古い電池と新しい電池を混ぜて使う

古い電池と新しい電池を混ぜて使ってしまうと

液漏れをおこしやすくなります。

使い切った電池をリモコンに入れたまま放置する

使わなくても化学反応はおこっているので、

液漏れをおこしやすくなります。

アルカリ乾電池を使っている場合

アルカリ乾電池をリモコンに使用していると

液漏れをおこしやすくなります。

なぜリモコンにアルカリ乾電池を使っていると

液漏れをおこしやすくなるのでしょうか?

実はアルカリ乾電池はリモコンには向かないのです。

そこでマンガン電池を使うことをおすすめしますよ。

電池にはアルカリ電池とマンガン電池があります。

アルカリ電池とマンガン電池の特徴です。

アルカリ電池

アルカリ電池はマンガン電池より長持ちします。

常に大きな電気を必要とするものに合っています。

マンガン電池

マンガン電池はアルカリ電池ほど長持ちしませんが

休んでいる間に回復するという性質があります。

安価なので経済的にも助かりますよね。

リモコンは少しの電流で動くことと、

スイッチを入れたり消したりを何度も繰り返す使い方なので

マンガン電池が合っています。

マンガン電池を使うと、液漏れする前に

電池の寿命が切れる場合が多いので、

アルカリ電池ほど液漏れを心配しなくても大丈夫なのです。

まとめ

アルカリ電池は長持ちで万能だと思いがちですよね。

反対にマンガン電池はパワーが無い上に

長持ちしないので、良いところがないように

思ってしまいますね。

しかし、リモコンはマンガン電池が向いているのです。

マンガン電池も良いところがあるのですよ。

乾電池は用途に合った種類を選ぶ必要がありますよね。

また、電池が完全に無くなってしまう前に

交換した方が良いのですが、

電池が無くなりそうな状態でリモコンを使い続けていても

あまり分からない場合があります。

そこで、取扱説明書に書いてある交換時期を目安に

定期的にリモコンに入っている全ての乾電池

同時に交換してくださいね。

また、乾電池には使用推奨期限があります。

この期限までに使い始めてくださいね。

使用推奨期限を過ぎた電池は液漏れしやすくなります。

乾電池を買う時には必ず使用推奨期限を確認してくださいね。

保管は温度10℃~25℃が最適で35℃を

超えないことが理想です。

保管場所は、直射日光が当たらない

風通しがよい涼しいところにビニールに入れて

保管してくださいね。

パッケージに入っていない電池は

向きを揃えて保管してください。

上記のように保管した場合、使用推奨期限は

マンガン乾電池の単3形と単4形共に2年になります。

日本では、特に真夏や真冬は使用前に購入したいですね。

乾電池は、見た目からは想像できないほどデリケートです。

液漏れでリモコン本体をダメにしてしまった、

なんてことがないよう、なるべく新しい電池を

定期的に交換してくださいね。

スポンサーリンク