クワガタを子供と飼育!男の子が大好き!夏を昆虫と楽しもう!

スポンサーリンク




【男の子が大好き!夏を昆虫と楽しもう!】

もうすぐ夏休みですね。

せっかくの夏に、お子さんの心に残る思い出をプレゼントしませんか?

ぜひ夏休みらしいことをさせてあげてほしいです。

昆虫の飼育などいかがですか?

我が家の3歳の長男が、熱心に6匹のクワガタのお世話を頑張っていますよ。

ぜひお勧めです。

クワガタの飼い方って大変なの?!子供 ママが触らなくても大丈夫?

クワガタの飼い方、ざっくりいうと簡単です。

我が家は ママも子供も触れません

そしてちなみにわたしはクワガタに触れません。

息子も怖がって触ることはしません。

しいていうなら、パパが触れれば大丈夫でしょう。

もしも万が一逃げ出したら大変ですもんね…

クワガタの飼い方 注意することは?

飼い方は特に注意することと言えば、カラッカラにならないような少し湿度の高い環境を作ってあげることくらいです。

今は、ホームセンターに行きますと大体この時期はクワガタ、カブトムシのコーナーが存在すると思います。

そこで、スターターキットのようなものもありますので、全くの初心者のかたは、そのようなセットを購入すれば間違いありませんね。

大体パイルの土、切り株のような木、そんなものがあれば十分です。

公園などでクワガタの隠れ家の元が手に入ります

公園などに行ってその辺におちている木の枝や、木の葉など入れておけば、クワガタの隠れ家になりますので、そのようなものを探しに行くのもいいでしょう。

ダニを帽子できる砂のようなものも売っています。

クワガタの飼い方 注意点は?

あまり、湿らせすぎるとクワガタ自体にカビが生えてしまうなんてことも…

湿らせすぎには要注意です。

しっとりくらいがちょうどいいかもしれませんね。

クワガタのおうち 虫かごはどんなのが良い?

クワガタのお家もたくさん売っています。

小さいものからおおきなものまで。

小さい虫かごには大体取っ手がついていますが、大きくなるとついていないものが多いですね。

ある程度大きなお子さんでしたら落とすことなく虫かごを持ち運びできると思います。

我が家の3歳児はまだ落としてしまうと大変なので、小さ目の中にすこしぎゅーぎゅーにクワガタが生存しています。

クワガタを子供と飼育 エサはどんなもの?なにを食べるの?

こちらもクワガタのコーナーにエサも売っていると思います。
今は100円ショップでも一通りそろえることが出来ますよ。

我が家は、穴の開いたタイプの気の中にゼリーを入れています。

これはちなみにホームセンターで50個400円ほどで購入しました。

そのほかに、より野性的な姿を見せてあげたいので、蜜も購入し、木に塗っています。

なかなかご飯を食べている姿も可愛いですよ。

生きものを育てることがもたらす子供の成長

命の大きさを比べるわけではないのですが、なにか生き物を育てることは、子供の成長にとても大きな影響を与えると私は考えます。

我が家には2匹の犬がいて、生まれた時から当たり前にワンちゃんと生活を共にしてきた我が子は、とても生き物を大切にお世話しています。

幼稚園にいるワンちゃんや、ハムスター、カメなどもとても大切にお世話していると、幼稚園の先生から伺いました。

昆虫を、虫かごの中で自己責任のもと飼育することは、ワンちゃんとお家で生活するのとはまた違うよさがあるのではないでしょうか?

責任感も強く育ってくれることでしょう。

なので私はあえて玄関などではなく、リビングで育てています。

いつでも見れるようにテレビの前の視界に入りやすいところに置いていますよ。

まとめ

ぜひこの夏、クワガタムシの飼育をおすすめします。

ちなみに、カブトムシより、クワガタムシの方が強いので、クワガタを選びました。

ぜひ夏を満喫させてあげてくださいね。

スポンサーリンク